Radio-Japan.Com 放送番組制作基準


1.前文
Radio-Japan.Com(以下、RJC)は、インターネット放送を通じて、公共サービス、文化の向上に貢献することを目的とする。また、この目的を達成するために良質な番組を制作・提供することに努めなければならない。

2.綱領
2-1 常に良質な番組を制作・提供することで、インターネット上での新しい文化の育成をはかる。
2-2 有益な情報、教養、および良質な娯楽を通じて、インターネット利用者の生活を充実させる。
2-3 人権、秩序を尊重し、聴取者には常に正しい情報を伝える。


3.基準の適応範囲
この基準はRJCで公開される全ての番組・広告等において、音声・画像・文章の区別なく適用される。

 

4.人権に関する基準
4-1 人権は常に尊重し、特定の個人、団体を誹謗・中傷する内容は取り扱わない。
4-2 人種・性・職種などのいかなる差別も行わない。


5.政治・法に関する基準
5-1 法律についてはこれを尊重し、むやみに軽視する内容は取り扱わない。
5-2 法的秩序を守るために、政治的問題に関しては常に公平な立場を遵守し、意見に関してはその責任の所在を明確にする。
5-3 特定の政党・団体を応援する放送、公職選挙法に抵触する恐れのある放送は行わない。


6.情報を扱う際の基準
6-1 いかなる情報も、正確かつ公平に取り扱う。
6-2 情報を取り扱う際は、その情報の真偽を確認する。
6-3 情報を取り扱う際は、その情報の発信元を明らかにする。
6-4 放送の際には「情報」と「意見」を区別する。
6-5 人権、特に個人のプライバシー等を侵害する情報は取り扱わない。
6-6 誤った情報を伝えた場合は、速やかに訂正する。


7.放送表現に関する基準
7-1 聴取者に不快感を与える方法は用いない。
7-2 著しく品格に欠いた放送を行わない。
7-3 事実とフィクションが混同するような方法は用いない。
7-4 宗教的・呪術的な手法で聴取者の不安を煽るような放送は行わない。
7-5 事実を誇張させたり、聴取者に誤解を招くような方法は用いない。
7-6 犯罪やそれに準ずる行為を肯定的に取り扱わない。
7-7 性的事項は、聴取者に不快感を与えないよう注意する。


8.番組審議委員会
8-1 RJCでは放送番組制作基準に基づいた、番組審議委員会(以下、委員会)を置く。
8-2 委員会はRJCの運営メンバー全員により構成され、うち一名が委員長として選出される。
8-3 委員会での全ての議題は、合議制によって決定される。
8-4 全ての番組およびその企画書は、委員会によって放送番組制作基準に沿っているか検討される。基準に沿っていないと判断された場合、委員会は放送の見送りや放送内容の変更要請を行うことが出来る。
8-5 委員会は放送番組制作基準から逸脱した行為(検閲等)を行うことは出来ない。
8-6 委員会での決定事項や議事録は、ホームページ上に公開する。


9.番組の著作権
RJCで公開される番組の音声・画像・文章等の著作権は、原則として全てRadio-Japan.Comに帰属する。


10.施行日
この放送番組制作基準は1999年7月1日より施行する。


BACK


・当サイトのデザイン、内容、提供される番組を無断で複写・複製、転載することを禁じます。
 Copyright (C) 1999-2001, Radio-Japan.Com, All Rights Reserved.


 お問い合わせ/
info@radio-japan.com