著作権について
インターネットを用いた「ネットワーク放送」という形式で用いられる音楽に対しては、現在のところ明確な基準が決まっておりません。特に、ネットワーク上のみで番組を供給するラジオ局(ラジオ局という形を採っている団体も含む)というメディアは、ここ最近になって生まれたために著作権に関しては未整備の部分が多いというのも実状です。また、昨今ネットワーク上での音楽著作権について様々な問題も生じてきています。これらの問題も、著作権の整備のスピードに比べ、インターネットの普及があまりに急速であるということが原因の一つに挙げられます。

現在、日本音楽著作権協会(JASRAC)と、ネットワーク音楽著作権協議会(NMRC)との間で、ネットワークによる放送に使用する音楽の著作権に関して(主に著作権使用料について)協議が持たれていますが、根本的な解決には至っていません。

しかし、ラジオというメディアを提供するためには音声、特に音楽は必要不可欠な要素であるということは否めません。コンテンツを充実させるためには、どうしても音楽の使用が重要となります。今回、Radio-Japan.Comでは、ネットワーク上でラジオ局を開局するにあたり、前述のような状況を踏まえて、独自に「著作権についての考え方」をまとめ、当面はその考え方に沿って番組を制作致します。

 

「著作権についての考え方」
1.音楽著作権に関して、楽曲の著作権保有者・著作権管理団体等から何らかの申告等があった場合、radio-japan.com(以下、RJC)は次のような措置を必ず行う。

a) RJCは先方に対し、過去に遡って番組内容を公開する。また、そのために番組の如何に問わず、放送内容、使用楽曲等の全ての情報を文書として記録する。
b) 先方から著作権に関して事務的手続きを求められた場合は、その指示に従う。

2.ネットワークでの放送に関する音楽著作権について明確な基準が整備された場合は、その基準に必ず従う。

3.前項の基準が明確になるまでの間、音楽著作権を可能な限り守るため、RJCは放送する全ての番組(外部制作の番組も含む)に対して次のような措置を必ず行う。

a) ネットワーク放送(リアル・オーディオ等)の音質を意図的に低下させる。
b) 楽曲をそのまま完全な形で放送しないために、フェードイン、フェードアウト、ナレーション等の音声加工を必ず行う。

以上のことについて遵守する。

BACK


・当サイトのデザイン、内容、提供される番組を無断で複写・複製、転載することを禁じます。
 Copyright (C) 1999-2001, Radio-Japan.Com, All Rights Reserved.


 お問い合わせ/
info@radio-japan.com