真琴のコラム・バックナンバー
ごあいさつ(1999年7月9日掲載)
はじめまして、真琴といいます。私はインターネットのことはほとんど分からないので、スタッフなのに大したお仕事出来なくて・・・。何だか申し訳ないです。

もともとラジオが好きで、大学の方でFM放送をやるサークルに入っていたんですが、それが縁でこのRJCのプロジェクトに声をかけて頂いて。「インターネットラジオ」って聞いて、初めは驚きましたが、少しの不安と同時に、今はとてもワクワクしています。だって、たくさんの可能性があるんですから。自分が特に何が出来るっていう訳じゃないですけど、一生懸命頑張りますので、RJC共々応援よろしくお願いします。
 
サークルに入っていた頃は、一応「心の安らぎ」をテーマに番組を放送していまして・・・。そういう「癒し系」に少なからず興味を持っていました。その気持ちは今も同じで、以前より強くなっている気がします。そのせいか、教育テレビとか良く見ていますね。ちょっと恥ずかしい話ですけど・・・。初めの頃は、面白半分で見ていたつもりなのに、気が付くとハマってしまいました。やれやれです。でも最近、幼児番組も馬鹿にできないなって強く思います。大人が見ても楽しめる番組もあるんですよね。十分素直に楽しめて、なお且つ、心が安らげるというか、心を癒してくれるっていうそんな力が。自分も見ていて、知らないうちに癒してもらってるという感じです。最近のお気に入りは「ニャッキ」というクレイアニメなんですが、ご存じの方いらっしゃいますか? もし、いらっしゃったら嬉しいです。

後半、少々暴走してしまったようですけど、「スタッフ・コラム」読んで下さってどうもありがとうございました。また是非、読んで下さいね。

 

ココロ ヤスラグモノ(1999年7月26日掲載)
毎日暑い日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか?  
皆さん、こんにちは。真琴です。

私、就職活動をしているんですが、うまく自分自身を支えられず、心がちょっと弱っています。もちろん、就職活動以外のことでも、いくつかその原因があるんだと思います。そのせいか、心にじーんとくるものばかり買ってしまうんですね。ぬいぐるみであったり、本であったり。そこで、今回はその中の一つである、本について書いてみたいと思います。

本と言っても、たくさん文字が書いてある本ではありません。文字より写真の方が多い、写真絵本です。今一番気に入っているのは、「どーも、です。」という本。これは、NHKのBS放送が10周年だそうで、その記念キャラクターである、どーもくんの本なんです。もともとテレビでやっていたどーもくんのCMを、そのまま写真として見ることが出来るんですね。このどーもくん、見ていると心がほんわかしてくるんですよ。
ぬいぐるみみたいな感じと、何の生き物だか分からないところがまたいい味出していて。とにかくかわいいんです。うさぎのうさじいとのやりとりも、面白いんですよ。嫌なことばっかりあった一日でも、家に帰ってこの本を読めば心が安らいでいく・・・という感じで、心があったかくなります。


これ以外にも何冊かお気に入りがありますが、忙しい毎日に疲れた時や辛いことがあった時などに写真絵本を読んでいます。文章より、写真の方が今は好きみたいです。

 

今やりたいことをやりたい(1999年8月13日掲載)
突然ですが、この夏に始めたい事があります。それは、洋服を作ること。

もともと裁縫は好きな方で、以前から服を作ってみたいとは思っていたのですが、結局何にもしないで終わっていたんです。でも、最近になってから急に、ものすごく興味が出てきて、「どうしても作りたい!!」と思うほどになりました。まぁ、服を作るといっても、ちゃんとした物はまだ1度しか作ったことがないんですけどね。だから、実際に何から始めたらいいのか・・・という状態です。


とりあえず、今自分はどんな服が欲しいのか、作ってみたいのかを考えて、絵に描いてみました。そうしたら、あれも欲しい、これも欲しいって感じでいくつも出てきて。あれこれ考えていると、何だかそれだけで楽しくなってくるんですよね。まだ何にも作ってないのに。近いうちに、大きい手芸屋さんに行って、生地を選んでくる予定です。気に入った物があるといいんですけど。更に値段もお手頃だとなおうれしいです。

ってなこと言ってますが、本当に思い通りの洋服が出来上がるのか、ちょっと心配です。以前は思っていただけだったので、今度こそ実際にやってみたい。それで、これをきっかけに、自分で服を作るようになれば素敵だなって思います。実際に服を買いに行くとき、なかなか欲しい物って見つからないんですよ。いろんな服を着てみたいのに、お金あんまりかけられないし。本当はたくさん欲しいんですけど。手作りなら、買うよりも安く出来るそうですよ。なお且つ、自分の好きな物作れますもんね。

この夏は、洋服作りにチャレンジ! です。

 

残暑お見舞い申し上げます(1999年8月27日掲載)
RJCのスタッフ・コラムを読んでくださって、ありがとうございます。まだまだ暑い日が続いてますが、皆サマいかがおすごしでしょうか? そのあとに「私はめちゃめちゃ元気にやっていますよ」と書きたいところなのですが、先日、風邪で2,3日寝込んでしまいました。

普段風邪をひいても、だいたい1日で元気になってしまう方なので、すごく久しぶりな気がして。本当はそんなのん気なこと、言ってられる状況じゃなかったんですけど、夏休み中は毎日のようにアルバイトをしていて、ここのところ妙に疲れていたし、いろいろとあったのも重なって精神的・身体的に弱っていたのでしょう。あの時、何か追いつめられたような感じで、追いかけられたりするような夢ばかり毎日見ていたんです。

だから、風邪はツラかったですけど、その間2・3日はものすごく良い休養になったんじゃないかと思います。でも、もう3日目ともなると寝ることにあきてしまって、少しツライのを我慢して雑誌をパラパラめくったり。「もう早く元気になって、あれしたい、これしたい!」と思うまでに心の状態も回復してきました。逆に、その気持ちを抑えるのに必死なほど、どんどん思いが脹らんでいって。今は、その一つ一つを少しずつ実行しています。病気に感謝したいなんて今まで思ったことありませんでした。でも、私が精神的・身体的に元気になれたのは、病気のおかげです。ありがとう。

まだまだこれからも暑い日が続きますが、皆さん体に気をつけて下さいね。また次回お会いしましょう。

 

アロエに感謝(1999年9月10日掲載)
少しずつ秋が近づいてきたのか、最近になって、夜風が涼しく感じられるようになりましたね。せっかく気持ちの良い風が吹いているというのに、アルバイト中にやってしまいました。「やけど」。誤って熱湯をかけてしまったんです。手の甲全体に。いつも気をつけていたのですが、なぜか今回はかかってしまって。少し気がゆるんでいたのかもしれませんね。あんまり大きなやけどってしたことなかったので、自分でもビックリしてます。

ずっと冷やしていても、あんまりよくならなくて。すぐ真赤になっちゃうんですよ。そこでうちの家では昔からやけどの時にいつも活躍する物があるんです。そう、「アロエ」です。ベランダに欠かさずあるんですよ。だから今回も、アロエの葉をとってきて、傷口につけて、今もその状態でコラムを書いています。最初はヒリヒリして痛かったんですが、今はあまり痛くなくなってきたので、ホッとひと安心です。心配していたやけどの跡も、今見る限り大丈夫そうなので、ホントにアロエ様々です。

でもあの時、ちょっと注意していたらと思うと、まさに「注意一秒 怪我一生」だなと実感させられる良い機会となりました。それにしても、またそのうちにアロエのお世話になってしまうのでしょうか。ちょっと心配しつつ、今回のコラムを終わらせて頂きます。

 

まさに、魔法(1999年9月24日掲載)
最近いよいよ秋らしくなってきた今日この頃。皆さん、いかがお過ごしでしょうか? 前回のコラムでお話ししたやけども、跡も残らずにすっかりきれいになりました。心配して下さった方々、どうもありがとうございました〜 (T?T)ノ~~

つい最近なんですけど、コンタクトデビューしたんです。ソフトコンタクトですよ。
今までは、授業中とか、テレビを見るときとかにはめがねをかけていたんですけど、かけるのあまり好きじゃなかったので、いつもぼや〜っとしか見えていなかったんです。だから、初めてコンタクトをつけて、いつでもどこでもクッキリと見えるのでなんだかとても不思議です。今までとは世界がガラっと変わってしまって、ビックリです。


いつも通い慣れた道で今までは、気づかなかった風景や物を見つけたりと、毎日が発見の連続。大げさに聞こえるかもしれませんが、ホントですよ〜。一番驚いたのは、電車の料金表を見る時! 今までは一生懸命見てもなんとなくしか見えませんでしたが、コンタクトをすればハッキリ見えるのでなんだか不思議な気分です。ときどき、コンタクトをしてるのも忘れ、自分の目の力で見ているのだと錯覚することもあります。

メガネはかけている感覚があるから忘れませんが、コンタクトは自分では見えないので、つけていること忘れちゃう。だから、ときどきすごく、不思議に思ってしまいます。メガネもしてないのに、なんでハッキリ見えてるんだろう?? きっと、コンタクトにして一週間しか経ってないからそう思うのでしょうね。

でもやっぱり、不思議なんですよね。

まさに魔法。恐るべし科学の力。

 

あの場所(1999年10月14日掲載)
季節はもう、すっかり秋。随分と過ごしやすくなりましたが、皆さん風邪などひいていませんか? こんにちは(今晩は)、真琴でございマス。今回のコラムは、この前やーっと行ってきたあの場所について書こうと思います。さてさて、あの場所とは…。そう、皆さん既にご存じの“恵比寿ガーデンプレイス”。

ものすごく話題になったのはいつだったか。覚えていないけど、もうかなり前ですよね。行ってきましたよー。やーっと、やーっと時代の波に追いついたって感じ(笑)。着いたのが夜だったので、イルミネーションがすっごく、すっごくきれいでしたよ。まるで、別世界のよう。ディズニーランドに行ってるみたいで。きれーでしたぁ。(そういえば、ディズニーランドにももう随分行ってないなぁ……) 

金曜日だったせいか、カップルとか、男の子・女の子のグループとか、あと家族連れとか、結構たくさん人が来てて。かわいいんですよ、ちっちゃい子なんかはしゃいじゃって。はしゃぎ疲れて帰りは寝ちゃうんだろうなー、きっと。だけど、はしゃいじゃうのは子供だけじゃなくって、大人もそうだと思うんですよ。あれだけ素敵な所だったら。きれいなイルミネーションやかわいい建物のまさに、夢のような場所。一歩足を踏み入れたら、さっきまで抱えていた嫌なことだってパッと消えちゃう。なんだか心がワクワクしてくる。しぼんでた心が、ほわぁーってあったかくなるような、そんな不思議な場所。あんなにロマンチックな所もあまりないですよね。また、行きたいなー。

皆さんも、日常の生活に疲れたとき、ちょっと足をのばして夢の世界へ行ってみるのはいかがでしょうか? 心が、元気になれますよ。

 

おじいちゃん・おばあちゃんは大切に(1999年11月3日掲載)
季節はすっかり秋。読書の秋、食欲の秋、スポーツの秋などいろいろありますが、皆さんはどんな秋をお過ごしでしょうか? 真琴です。

突然ですが、問題です。
10月17日は何の日だったでしょう(とんちじゃないですよ)。 皆さん、知ってますか?

答えは「孫の日」。
「敬老の日」は読んで字の如く、おじいちゃんやおばあちゃんを大切にする日なんだということは分かるんですが、「孫の日」とは一体どういう日なのか。ちょっと謎ですよね。洋菓子屋さんのアルバイトをしている関係で、「孫の日」というのを知ったんですが、やっぱり、まだ浸透していないみたいです。一部では、知っていてもどういう日なのか分からなくて、混乱しているという話も聞きました。本当は“孫を大切にする日”なんだそうですよ。だんだんと子供が少なくなっているからできたんでしょうね。多分。

それよりも、「孫の日」の存在を知って、私、少し悲しくなっちゃいました。もう、おじいちゃんもおばあちゃんもいないからです。だから、「孫の日」と聞いて何だか切なくなって…。特に、一番最後に亡くなったおばあちゃんは、私が孫の中でも一番小さいという事もあって、すごくかわいがってもらったんですね。


私もおばあちゃんが大好きでした。そのおばあちゃんは亡くなる少し前に寝たきりに。そして、自分の子供の名前も分からなくなってしまって。でも私が側に行くと、子供のことは覚えていないのに、私のこと分かってくれるんです。すごく嬉しくて。元気な頃から、なるべく会いには行っていたんですが、もっとおばあちゃんにしてあげられる事があったんじゃないかと、後悔しています。

足が悪くなりはじめた頃、私とおばあちゃんしかいない時に、「これが馬鹿だから、もう言うこと聞かないんだよ」と自分の足を指さし、真剣な顔で言ったおばあちゃん。今でもあの時の本当に悔しそうな表情が忘れられません。これからもきっと忘れないでしょう。皆さんはあとで後悔しないように、おじいちゃんやおばあちゃんを大事にして下さいね。

 

じてんしゃ(1999年11月29日掲載)
ある、晴れた日の午後、自転車で散歩。
だけど、自転車に乗るのは、約5年ぶり。ただの散歩もドキドキ・わくわく、ちっちゃな冒険に早変わりしちゃいました。5年のブランクがあるとはいえ、身体が覚えてるもんなんですね。感心、感心。でも、確実に下手になってて…。まるで初めて自転車に乗れたみたいな。すごく新鮮で、不思議な気分。あの時も、そんな気持ちだったのかなぁ。

太陽の光がぽかぽかと、久しぶりの自転車はすごーく気持ちよくって。思わず、鼻歌なんか歌いながら、知らない道をくねくねと。道なんかわかんなくったってお構いなしで、ただただ思うがままにどんどん進む、進む。ちょっぴり自転車がおっきかったから、止まるのがイヤで、信号とかにぶつかりませんように!! って
ドキドキしたり。曲がり角で人にぶつかりそうになったり(ごめんなさい)。
特別、何があったって訳じゃなかったけど、楽しかったぁ。

ただ青空の下、太陽をいっぱい浴びながら乗る自転車は最高に気持ち良くって。
小さい頃、自転車でいろんな所に遊びに行った時みたいに楽しくて。
時々、こんなのもいいなって思いました。いい気分転換にもなるし、太陽から元気ももらえるし。それと何より、良い運動にもなるし。


帰り道、緩やかな上り坂で息が切れちゃって…。体力が落ちてきてるみたい。ショック。もっとたくさん自転車乗った方がよさそう…。まぁそれはおいといて、これからは、自転車が大活躍してくれそうです。
今度は何処に行こうかなぁ。

 

いつまでも、夢のままで…  (1999年12月17日掲載)
街に出れば、もうすっかりクリスマス色。大きなツリーに、色とりどりのきれいな
イルミネーション。どこからともなく聞こえてくる、「ジングル・ベル」。
しかも、今年はミレニアム前、最後のクリスマスということもあって、
2000年を記念したプレゼントがいろいろ発売され、すごく盛り上がってる。

誰に買うわけでもなく、お店に入ってクリスマスコーナーを見ていると、それだけで何だか楽しくなってくる。クリスマスのパワーってすごいですね。いつもだったら、ちょっと寂しい街並みも、クリスマスが近づくときれいなイルミネーションに着替えて、色とりどりの大きなツリーのある、まるで夢のような世界に早変わり。どの街も、魔法にかかったかのように。やっぱり、イルミネーションっていいな。好きです、きれいで。
なんだか、心がほわーっと温かくなるような。あと、大きなツリーもちょっと憧れ。夢があるでしょ?
子供っぽいかもしれないけど、その気持ち、いくつになっても忘れずにいたい。

皆さんは、どんなクリスマスを過ごすのでしょう?
どうか皆さんのところに、サンタさんが来ますように…。
Merry Christmas & Happy New Year!!

また来年、お会いしましょう。

 

初、りんご体験(2000年2月25日掲載)
いぇ〜い。スランプ気味の真琴です。もう何書いていいかワケわかめですぜい。
と、いうわけで今回は自由に書いてみます。

皆さん、「あおぞら」って聞いてなにを思い浮かべます? また、「あおぞら」って歌のタイトルだったら誰を思い浮かべます 私は、「ゆず」っぽいイメージ浮かべるんです。そうでなくてもなかなか爽やかなイメージですよね?

それじゃ、おいといて。

次! 「椎名林檎」ちゃん。好きですか?
私はもうあの歌声にメチャ惚れです! 秋本康氏によれば、彼女の詩は古き良き演歌のイメージが盛り込まれてるらしいですね。ま、秋本康氏なんかどーでもいーんですけどねぇ(みつま風)。

さぁ、勘のいいあなたならもうお解りですね!

椎名林檎ちゃんの新曲「あおぞら」!
 え? どんな曲かって? 聞いたことあると思いますよぉ。サントリーのカクテルバーのCMです! 雰囲気がらっと変わって「あれ?椎名林檎おろされたん?」って思った方いらっしゃいません? 私は思っちまったですよ〜。林檎ファン失格か〜。え〜ん。

さてさて、長らく引っ張って文字数稼いでましたが、なにが言いたいかというと・・・。

『椎名林檎ファーストビデオクリップ:性的フィーリング』GETしちゃいました!!

朝靄を彷彿させる淡いブルーの世界。真っ赤に咲き誇る挑発的なバラの園。
黒いボンテージに身を包んだ林檎嬢。

一曲目「ここでキスして。」
彼女の小さな表情の変化も見逃せないくらいとても魅力的で。印象的で。
インデックスにエントリーされてない「積み木遊び」なんて純和風にロックを演出していてこれがなぜか超COOL!!
 林檎ちゃんならではですよネ〜。

これ以上は秘密です! えへへ〜。是非機会があったらご覧になって下さい。ちなみにビデオクリップに入ってるCMでカクテルバーのタイアップ「あおぞら」が林檎ちゃんの歌だってわかったんですけどね。あはは。ちなみにビデオクリップは世にも奇妙なバレンタインという儀式でダリに没収されました。くぅ…。

4月のライブになんとしてでも行くぞぉ!
 だぁーっっ!!!
そんなこんなで真琴の乱文ごめんなさいでした(あ。タイトル違うし。)

 
視界良好!!(2000年3月21日掲載)
だんだん、だんだんあったかくなってきた今日このごろ。
お天気の日にはぽかぽかと、何だかうれしくなっちゃう。やっぱり、いいなぁ。
春って大好きなんですよ。皆さんは、春・夏・秋・冬のどれが好きですか?

天気のいい日は外に出かけないと、何か損した気分。すっごくもったいないってカンジ。
特に用事がないときは、散歩に出かけます。

ふと空を見上げれば、空の青さがきれいだったり。

いろんな雲の形が面白かったり。

遠くに目をやれば、素敵なおうちを見つけたり。

道端でのんびりひなたぼっこをしているネコに出会ったり。

たくさん咲いている梅の花がきれいだったり。


どれも、ものすごく小さいことだけど、こんなに身近に安らぎがある。
忙しいときは気が付かないけど、こんな身近にホッとできる場面がある。
のんびり出来るときは、たくさんの事に出会えて、いろんな物を吸収できる。

あったかいお日さまの陽を浴びながら散歩する、ただそれだけですっごく幸せな気分。

たまにはひなたぼっこしながらぼーっとしてみるのも、いかがでしょうか?

(2000年4月11日掲載)
あちこちで、きれいな桜が咲いていて。
お散歩しながら桜を見上げると、あぁ春っていいなぁって。

桜の花そのものは決して派手ではないけれど、一斉に花が咲いたときの、あの美しさ。
神秘的というか、無垢というか。まるで、心が洗われるよう。
だけど、どこか切ない感じがする…。
それで余計に、桜が好きなのかもなぁ。

もともと桜には愛着があるんです。
昔ずーっと、桜並木がながーく続いてる通りに住んでいたから。
学校に行くときも、友達と遊ぶときも、いつでも桜の木と一緒。

夏は涼しい日陰を作ってくれて、秋は紅葉と落ち葉。
冬は裸で冷たい風に耐えたら、やっと春にはきれいな花を咲かせる。

夏の毛虫や落ちている実(さくらんぼ)は、すっごく嫌だったけど、
春になると桜のトンネルが出来るんです!!
ずっと、ずーっと続いてるの。まるで、夢の世界。
毎年それがすごく楽しみで。
桜祭りもあったから、余計にかなぁ(笑)。

花が咲く、他の季節も知っているから余計に桜に愛着を持っているのかも。
だから一層、桜の美しさにひかれるのかも。
それに、私も春の生まれだから…かな。

今度晴れた日に、桜をながめに行ってこよーっと。

 
新聞には載らない珍事件(2000年5月1日掲載)
「〇£★∇*!!」

突然、怒鳴り声のようなものが聞こえた。びっくりして表を見ると、そこには数人のお巡りさん。そして、なんとパトカーまで止まっているじゃありませんか。せっかくピクニック気分のいいお天気なのに、一体何事?
 そう思ってしばらく見ていると、おばちゃんがお巡りさんと何だかもめているみたい。

おとなしくなったと思ったら、急に怒鳴り始めたり。数人のお巡りさん達を叩いたり、蹴ったりしながら、狭い歩道を右往左往。挙げ句の果てに、通行人にからみ始めて…。どうやら、おばちゃんの酔っぱらいみたい。

やがて、おばちゃんはターゲットを絞ったようで、1人のお巡りさんに向かって攻撃開始。何とか落ちつかせようとするものの、なかなか上手くいかない。他のお巡りさんは遠まきに見守っているが、なかなか手を出せない。その光景はまるでバラエティー番組のワンシーンのようでした(笑)。

何十分もの戦いの末、軍配はお巡りさんチーム(?)に。
勝負の決め手は、数人のお巡りさんの中に、おばちゃんのタイプの男性がいたこと。彼を見た途端に急におとなしくなって、肩を抱かれてパトカー内に連行されたのでした。酔っぱらいのおばちゃんも、やっぱり女だったのね(笑)。

お巡りさん、真っ昼間から酔っぱらい相手にご苦労さまでした!!
 
みんなもお巡りさんのお世話にならないように、飲み過ぎには注意しましょう。

 

マハラジャ(2000年5月23日掲載)
この前、インド料理屋さんに行ってきました。名前はマハラジャ。
ちょっと高級感漂う店内に、少し緊張気味。
お給料日じゃないけれど、大ふんぱつして“マハラジャ・コース”を注文した私たち。
どうやらこの名前、映画「ムトゥ・踊るマハラジャ」にちなんでいるみたい。
この後に激しい闘いを繰り広げることになるなんて、まだ気付いていないんです(笑)。

コースはパパード(インドのおせんべい)で始まり、ベジタブル パコラ(野菜のインド風
天ぷら)、チキン パコラ(若鶏のスパイス揚げ)、海老のスパイシー姿焼き、季節のサラダ。
まだカレーにも到達していないのに、どのお料理もめちゃくちゃスパイシーで熱い熱い。
やぁーっと出てきたサラダで口の中もやっとひと段落です。だけど、まだ辛い・・。

でもまだ序の口。
その後登場したカレーが、また半端じゃなく辛い!!!
スパイスがきいてて美味しいけれど、とても水なしでは食べられない。いつもだったら超甘いハズのマンゴージュースに、どんなに救われたか…。あんまり辛くて、ナンだけを食べたりして。汗をふきふき、辛さとの闘い(笑) 。一言で例えるなら、「ホット!ホット!」っていうあの藤井くんのギャグ、まさにあんな感じ。辛かったぁ…。
ナン、美味しかった。

最後はライチシャーベットとマサラティー(インド式ミルクティー)。
…闘いは、終わった。
すごーく辛くて、汗をふきふきだったけど、新発見で楽しい食事でした。
皆さんも是非“マハラジャ・コース”体験してみて下さいね。
おしゃれ小旅行(2000年6月12日掲載)
暑くなってきたと思ったら、いつの間にか梅雨入り。イヤーな季節になってきました。
どんよりした天気だと、何だか元気までなくなってきちゃう。
だけど、どんなにお天気が悪くても、ココロの中はスカッといきたいですよね。
そういうときには激辛料理でたーくさん汗をかいて、ジメジメした天気を吹っ飛ばそう!!
ちなみに、インド料理(前回のコラムを参照) がおすすめです。

ついこの間、原宿に行ってきました。もう何年ぶりっていうぐらいに(笑)。
っていうのも、以前から雑誌で気になっていた美容院に行ってきたからなんです。
すっごくかわいいお店で、いろんなヘアピンとかアクセサリーなんかも置いてあって。
それがまたかわいい!しかも安い!!どれもかわいくって、みんな欲しくなっちゃう。

美容院を出たあとは、古着屋さんめぐり開始!!
せっかくここまで来たんだから、ここはやっぱり行かなきゃ損でしょ。
とりあえず行きたい古着屋さんをいくつか決めておいて、途中にいいお店があったら入る。
そんなカンジで、原宿←→渋谷をお散歩気分で移動。ホントたぁーくさんの古着屋さんがあって、とても一日じゃ全然行ききれない。お店によっていろんなモノがあるから、見るだけでもすごく楽しかったぁー。また今度、他の古着屋さんにも行ってみようっと。

 

バーゲン!バーゲン!!(2000年7月14日掲載)
太陽の光がジリジリと照りつける、真夏のようなある休日。とうとう待ちに待った日が、やってきた。女の子たちが、首を長―く、長―くしてずっと待っていた、OIOIスパークリング・セール。そう、バーゲンです。

狙うのは、お目当てのあの服。そして、いいものをぐっと安くゲットすること。そう心に決めて、足を踏み入れてみると……あるわ、あるわ30%〜50%オフのたくさんの服の山が。見るモノ、見るモノかわいいものばかりで、みんな欲しくなっちゃう。しかも安いし。困ったなぁ。でも、安いから余計にどれも欲しくなっちゃうけど、買ってみると結構使わなかったっていうことがよくあるんだ。まるで100円ショップみたいに。うーん、そう考えるとおそるべし、バーゲン!ってカンジです。

ラッキーなことに、狙っていたお目当ての服があったぁ。定価だと5900円のスカートが、なんと40%オフ!!さらに、以前からずっと、ずーっと欲しかったデニムのロールアップパンツを発見して大喜び。9900円がなんと、50%オフ!!他にもいくつか買ったけど、どれもかわいくって。おまけに安いし、二度おいしいね。安いからって何でも買うんじゃなくて、ちゃんと無駄遣いしないようにホントに欲しいものを選んで、賢くお買いものができました。いっぱい買っちゃったけど、それでもまだまだ、欲しいものがたくさんあるんだよなぁ…。困った、困った。

ちょっと疲れちゃったけど、行ってきてよかったぁ。これが都内だったら、めちゃめちゃ激しい闘いになっていたんだろうな。よかった、郊外の店舗で(笑)。

 
バーゲン!バーゲン!!(2000年7月14日掲載)
太陽の光がジリジリと照りつける、真夏のようなある休日。とうとう待ちに待った日が、やってきた。女の子たちが、首を長―く、長―くしてずっと待っていた、OIOIスパークリング・セール。そう、バーゲンです。

狙うのは、お目当てのあの服。そして、いいものをぐっと安くゲットすること。そう心に決めて、足を踏み入れてみると……あるわ、あるわ30%〜50%オフのたくさんの服の山が。見るモノ、見るモノかわいいものばかりで、みんな欲しくなっちゃう。しかも安いし。困ったなぁ。でも、安いから余計にどれも欲しくなっちゃうけど、買ってみると結構使わなかったっていうことがよくあるんだ。まるで100円ショップみたいに。うーん、そう考えるとおそるべし、バーゲン!ってカンジです。

ラッキーなことに、狙っていたお目当ての服があったぁ。定価だと5900円のスカートが、なんと40%オフ!!さらに、以前からずっと、ずーっと欲しかったデニムのロールアップパンツを発見して大喜び。9900円がなんと、50%オフ!!他にもいくつか買ったけど、どれもかわいくって。おまけに安いし、二度おいしいね。安いからって何でも買うんじゃなくて、ちゃんと無駄遣いしないようにホントに欲しいものを選んで、賢くお買いものができました。いっぱい買っちゃったけど、それでもまだまだ、欲しいものがたくさんあるんだよなぁ…。困った、困った。

ちょっと疲れちゃったけど、行ってきてよかったぁ。これが都内だったら、めちゃめちゃ激しい闘いになっていたんだろうな。よかった、郊外の店舗で(笑)。

 
思うこと(2000年9月11日掲載)
最近夜になると、虫の声が聞こえたりして秋が近づいてきました。みなさんいかがおすごしですか?真琴です。今、すごく気になることがあるんですよね。おじさんやおばさんのマナーの悪さ。電車に乗る時、降りる人を無視して、我先に入ってきたり、携帯で車内中に聞こえるくらい大きな声でしゃべっていたり。「最近の若いコは…」なんて言ってる割には、よっぼどマナー悪い人が多い気がして…。歩きタバコも周りを気にしてない人が多いから、歩いている時こわいです。

 

十数年ぶりに(2000年11月3日掲載)
すっかり寒くなってきましたね…なんて挨拶はさておき、ちょっと前の話なんですが、やってしまいました。ちょっと聞いてくださいよー、つくっちゃったんです、たんコブ。しかも、おデコの真ん中に(笑)。もう、コントみたいでしょ?恥ずかしい…。自分でもプッてカンジなんですが、実はかなり痛かったりして…。おデコの真ん中がまぁるく赤くなって、面白いやら痛いやら。今はもうきれいになっちゃいましたが、久しぶりに面白い体験ができました。皆さんもケガには注意してくださいね。
そろそろ(2000年12月6日掲載)
めっきり寒くなりましたね、カゼなどひいていませんか?真琴です。 みなさぁーん、ディズニーランドのクリスマスイベントのCMが始まりましたよー!そういう私は、もう5〜6年近くご無沙汰ですけど。ニュースでも、銀座のツリー点灯の話題を聞くと、もうそんな時期なんだなぁーってつくづく思います。早いですね。クリスマスって何だかワクワクしちゃうけど、クリスマスが近づいてきたっていうことは、もう今年も残り少ないってことで…。でも、楽しみなんですよね、クリスマス。

 

そろそろ(2000年12月16日掲載)
「残念ながら編集部は解散となります。申し訳ないですが、皆さんの勤務は本日までということで御了承下さい」突然、編集長に告げられた。思うように売り上げが伸びない為、社長が判断したらしい。あまりの急な出来事にビックリ。まさかバイト先が無くなるなんて…。まぁでも、リストラを若いうちに経験してよかったのかも。これから、もっともっと覚えることたくさんあったのがすごく残念ですが。

今年も残り約半月、今世紀最後のクリスマスももうすぐです。現在、就職活動中。やっぱり、新世紀は笑って迎えたいもん!

 
20世紀最後の(2000年12月25日掲載)
とうとう今世紀、最後のクリスマス。みなさんはどんなクリスマスをすごしていますか?なんだか分からないけど、クリスマスってやっぱりワクワクしちゃいますよね。小さい時から、クリスマスはすごく楽しみでしたが、その頃に比べると純粋にクリスマスを楽しめなくなったような気がします。あの頃は本当にサンタを信じてたのに…。とにかく、素敵なクリスマスをおすごしください。

あと少しで今世紀もおしまい。今年もいろいろありました。来年はもっと素敵な自分になってやる!それでは21世紀にお会いしましょう。

 
そろそろ(2001年1月21日掲載)
みなさーん、あけましておめでとうございます(ちょっと遅いですけど)。
21世紀ですよ!新世紀ですよ!!、みなさん。いかがお過ごしですか?

せっかくの新世紀、楽しく、素敵な一年にしたいですね!

…なぁーんて言いたいところですが、記念すべき世紀末から新世紀にかけての数日間、うれしいのか悲しいのか、いろいろなことがありすぎて、ただいま普通の精神状態じゃありません。もう本当にいろんな意味で、いっぱいいっぱい。これでもやっと、少しは落ち着きを取り戻し始めたほうで、このコラムを何とか書こうとしている状態でございます。

だから、これを書いているのは私であって、私ではないんですねぇ。一体どんなコラムになるんでしょうか?自分でも楽しみです。それでははじまり、はじまりぃ。

ここのところ毎日、疑似多重人格者体験をしているみたい。
たくさんの感情とたくさんの考えをもつ自分がいる。
まさに“ビリーミリガン”状態。
1分1秒先の自分は、全く別人だったりする。ホント予測ができないんです。
落ち着いていると思ったら、次の瞬間は涙があふれていたり。
泣き止んだかと思ったら、今度はものすごくイライラしていたり。
ムカついていると思ったら、いつの間にか落ちつきを取り戻していたり。
そんなことの繰り返し。
さっきまで考えてたことが、頭の中ですごいスピードでどっかに行っちゃう。
もう自分でも分からなくなっちゃうぐらいのスピードで。
しかも、無意識にいろんなこと考えてるから、余計に分からなくなっちゃって。
もう頭の中、ぐちゃぐちゃ。

だけど、そんないっぱいいっぱいの自分を、客観的に見ている私もいて。
1分1秒、めまぐるしく変化する自分を、見て楽しんでいる私もいる。
そんな自分に気がついて、すこしびっくりした。
きっといつかは、ちゃんと落ちつきを取りもどし、元の元気な自分になれるんだろうけど。
こういうときにしか、分からないこともある。
とりあえず、今は、一歩ずつ前に進んでいくだけ。

こういうことを乗り越えて、人は大人になっていくんだねぇ。
なぁーんて、そう思いたいよ。

今年は、絶対いい年にしよっと!!

 
変化(2001年3月9日掲載)
いきなり、超びっくり!私的には、明石家マンションのツトム君がまさにそれ。「ショック!椎名リンゴ妊娠」ってカンジで。ちょっぴりショックでした。だけど、そんな生き方が、リンゴらしくてカッコいいなぁーって思っちゃったりして。

人が変化をするのは当然で、素晴らしいことだと思うし、私も常に変化していきたいです。でも、リンゴのニュースを聞いて、切ない気持ちになりました。大好きだったリンゴだから。そして、これまた好きだったジュディマリの解散。この切なさを乗りこえて、人は成長していくのでしょうか?

 

(2001年4月12日掲載)
桜の季節です。

好きなんですよねぇ、桜。春生まれだからなのかしら。
うすーいピンクの花びら。花自体は控えめなのに、あんなに神秘的で人を魅了する花もないでしょう。
桜が咲くと、“お花見”と称した飲み会が催されるのも、もちろん楽しみだったりもします。

桜といえば、始まりのイメージが強いですが、私は卒業を思い出すのです。中学の。
各行事にすごく力を入れている学校で、特に合唱が盛んでした。新入生歓迎会などの○○会には、必ず学年全体で歌をうたいました。

中でも印象深かったのは、渡辺美里の「桜の花の咲くころに」。

これは卒業生を送る会で多分、合唱部のコが歌ったんですが、すごく心にしみて、じーんとしちゃいました。今でも、聴くと切なくなりますね。

人は、たくさんの出会いと別れを繰り返して、大人になっていくのですね。なーんて、まともなことを言って、今回はシメさせて頂きます。

 

BACK


・当サイトのデザイン、内容、提供される番組を無断で複写・複製、転載することを禁じます。
 Copyright (C) 1999, Radio-Japan.Com, All Rights Reserved.


 お問い合わせ/
info@radio-japan.com